返済方法の違い

  おまとめ融資額で選ぶ
  他社借入れ件数で選ぶ
銀行系おまとめローンの審査基準ランキング
会社別ランキング
楽天スーパーローン
アコム
モビット
詳しくはこちら
  はじめに
  債務整理での返済
  おまとめローンでの返済
  銀行でおまとめ
  リンク集
  基本メニュー
  関連リンク集


返済方法の違い

借金の返済様式は人それぞれです。
同様に、返済方式にも様々な種類があります。
ここでは、どんな人にどんな返済方法が向いているのかを紹介したいと思います。

「余裕の無い時は少なく、余裕のある時に多めに返したい」
という方には、自由返済方式が向いています。

月々決められた最低限の金額さえ払えば、
残りの返済は決められた期間内であればいつでも自由です


しかし最低限の金額だけではいつまでたっても元本は減りませんので、
長引けばそれだけ多くお金を支払うことになってしまいます。

「とにかく早く借金を返してしまいたい」
という方は、残高スライド元金定額リボルビング方式か、元金均等返済が向いています。

この方式は、どちらも毎月一定の元金が減っていくので、
借金が早く終わり、それに伴って最終的な支払額も少なくなります


ただし、一定の元金+その月の利息が支払う額なので、
毎月の支払額を正確に把握することが困難であることと、
返済当初は利息が高いため支払いが苦しくなることが考えられます。

「毎月の支払額を一定にしたい」という方には、
残高スライド元利定額リボルビング方式か、元利均等返済方式が向いています。

この方式は、毎月同じ支払額からその月の利息分を引き、残りを元金返済に充てる方式です

支払額からまず利息を払う為、元金がなかなか減っていかず、
ほかの返済方法と比べると支払い期間の長期化や総支払額が高額になることがあります。

他には、残高に応じた割合の元金とその利息を支払う
残高スライド元利定率リボルビング方式」というものもあります。

自分に合ったお金の返し方はどんなものか、一度考えてみましょう。


用途別で探す